人事担当者のリード獲得につなげる有効なコンテンツを徹底解説

採用や人事労務管理といった人事系のシステムを提供する企業にとって、人事担当者のリード(見込み顧客)を獲得することは重要な課題の一つです。

人事担当者のリード獲得の手法に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、人事担当者の日頃の業務について解説した上で、リード獲得のために有効なコンテンツについてご紹介します。

リード(見込み顧客)獲得とは?

まず改めてリード獲得とは何かについて確認しておきましょう。

リードとは見込み顧客と同様の意味で使われることが多く、リード獲得は将来顧客になる見込みのあるリードを見つけるための施策のことを指します。

Webサイトや広告、SNSなどのWebマーケティング施策や展示会や訪問営業、テレアポなどの営業施策から、ターゲットとなるユーザーに自社や自社製品について知ってもらい、営業のための個人情報を獲得することを一般にリード獲得といいます。

https://forb-marketing.com/?p=71

人事担当者の業務

まず初めに、企業の人事担当者は実際にどのような業務を行っているか解説します。

採用(新卒・中途)

採用に関する人員計画や採用方針の策定から、応募者の獲得に向けたツールの活用や説明会の実施、採用に向けた面接、インターンシップなどを行います。

また、採用の中でも新卒採用と中途採用では、その戦略や方法が大きく異なります。新卒採用では、内定者の内定辞退を防ぐため、入社式を迎えるまでの細かなフォローも必要です。

近年では、コロナによる影響で採用プロセスもオンライン化が進んでいたり、年単位、月単位で採用動向が変わったりと変化が大きく、こまめに徹底した情報収集が必要となる業務領域となってきております。

研修・育成

新人研修はもちろん、社員の人材育成やキャリア開発も人事担当者の業務内容のひとつです。

企業のビジョンを軸とした上で、どのような社員を育成すべきかを考え、研修計画を立案することが重要となります。

実際の研修では、開催と運営から研修による効果の測定・検証まで、一貫して行うことが通例です。

転職が一般的となった今、研修や育成に力を入れてアピールすることで、より良い人材の獲得や離職率の低下を目指すことも重要になるでしょう。

評価(異動・配置)

人事評価やそのための人事評価制度の策定は人事担当者の重要な業務です。

人事評価制度は、企業の経営だけでなく、社員の生活にも影響を及ぼす非常に重要なものであり、公正で明確なものでなければなりません。

そのため、経営層との議論や社員へのヒアリング、納得してもらえる様な丁寧な説明が不可欠です。

その中で、部署の異動や昇格・降格、人事配置についても人事担当者が考慮するポイントになります。人間関係を把握した上で、公正・公平な判断をし、各部署の業務がスムーズに回るような人事配置を行います。

人事労務

人事労務の業務には、労働時間の管理や給与計算、労使関係管理業務などが含まれます。

事務的な作業から、労働時間は守られているかなどについても目を見張り、管理することも人事労務の業務です。

人事労務では度々行われる法改正により都度対応が必要になることもあります。専門的な知識と情報収集が企業を守ることもあるでしょう。

人事担当者のリード獲得に有効なコンテンツ

上記で述べたように、人事と一括りにしても社内人事・採用・労務など業務範囲が幅広く、また何がトレンドで、何が正解で、何が間違いか非常に見えにくい仕事かと思います。

人事担当者をターゲットにリード獲得をするためには、人事担当者に向けたコンテンツを提供することが近道です。

コンテンツを提供してリード獲得するには、自社でオウンドメディアを運用する方法と、他社のオウンドメディアに自社サービス資料を掲載する方法があります。

人事担当者のリード獲得に有効なコンテンツを、そのサイトが人事担当者に対して魅力的な理由も合わせてご紹介していきます。

採用

採用担当者のリード獲得には、採用に関する情報や採用に役立つ情報を提供することが重要です。それでは、採用に関して参考になるサイトをご紹介します。

<日本の人事部>

https://jinjibu.jp/

人と組織に関する情報を網羅した情報サイトで、関連したコンテンツや最新ニュースが掲載されています。

採用ナビサイトや採用管理システムなど各種ソリューションの比較コンテンツが充実しており、採用担当者が効率的に業務を行うことができるでしょう。

また会員登録することでセミナーやイベントへの参加なども可能です。


<新卒採用成功ナビ>

https://saiyou-knowhow.recruit.co.jp/

新卒採用が初めての方でもわかりやすいノウハウが掲載された採用担当向け支援サイトで、採用書類やメール文のそのまま使えるテンプレートをダウンロードできるのも便利なポイントです。

リクルートが提供するリクナビや人材紹介サービスのサイトにそのまま遷移し活用することもできます。


<HUMAN CAPITALサポネット>

https://saponet.mynavi.jp/

採用戦略から人材育成、組織戦略まで、さまざまな課題に対するノウハウを掲載したマイナビが提供する情報メディアです。

ここからマイナビの就職・転職イベントへの出展や就職情報サイトへの情報の掲載、その他多岐に渡るマイナビの採用支援サービスを活用することができます。


<BizReach withHR>

https://www.hrreview.jp/

ビズリーチが提供する情報サイトで、人事・採用の事例やナレッジが豊富に掲載されています。組織育成レベルの知識から、面接時の細かなノウハウまで様々な情報を得ることができます。

また、ビズリーチのサービスを自然な形で紹介しているのも参考にしたいポイントです。


<HRプロ>

https://www.hrpro.co.jp/

HRプロは約8万人もの会員を有する日本最大級の人事ポータルサイトです。採用、教育、研修など人事に特化した情報を発信しています。

また、人事の業務課題を解決するソリューションやツール、各種支援サービスなどを検索できる機能も備えているため、人事担当者のリード獲得にも効果的です。


教育研修

教育研修では、スキルアップの問題を解決するための情報等が特に重要です。教育研修に関わる担当者のリード獲得のために参考にしたいサイトをご紹介します。

<WEB労政時報>

https://www.rosei.jp/jinjour/

人事労務に関する課題解決を支援する情報提供サービスで、労働行政や各機関調査などの最新ニュースも掲載されています。

人材育成の基礎知識なども網羅されており、教育研修を行う担当者にとって、目を通しておきたいサイトになっています。

なお人事労務の改正法情報は最新のものが網羅されており、また労働基準法や福利厚生の基礎知識を得られるコンテンツが充実していたりと、人事労務担当者にとっても欠かせない情報が掲載されています。


<リクルートワークス研究所>

https://www.works-i.com/

リクルートが行っている働き方や人と組織についての研究、調査をまとめ、公表しているサイトです。

人事担当者が人材育成について最新の詳しい調査や企業動向についての情報を押さえておくことはもちろん、専門家の研修やコラムの内容を社員研修に盛り込むこともできます。

より専門的な知識を得られるのも重要なポイントです。


人事労務

人事労務は特に専門的な情報が必要な業務です。担当者により届きやすいコンテンツとなっている参考サイトをご紹介します。

<経営ハッカー>

https://keiei.freee.co.jp/

経営者や個人事業主に役立つ情報が掲載されている情報メディアです。

人事・労務に関する情報はもちろん、経理や働き方改革など、労務担当者としては押さえておきたいポイントとなる情報が発信されています。


<SR 人事メディア>

https://media.o-sr.co.jp/

​​人事コンサルであり社労士法人のHALZが提供する、人事労務に関する情報やノウハウをまとめたサイトです。

その情報の豊富さはもちろん、人事労務の業務で活用できるExcelツールを無料でダウンロードできる点も魅力のひとつです。

ここからHALZのサービスを活用して人事労務の業務をサポートしてもらうことも可能になっています。


<人事Gate>

https://jinjigate.jp/

法改正の情報や労働行政のサイトの更新情報を一覧で確認することができるサイトです。

また、人事労務に関するセミナーも多く開催しており、セミナーDVDの教材を購入することもできます。


<人事のミカタ>

https://partners.en-japan.com/

エン・ジャパンが提供する人事労務担当者に向けたコンテンツをまとめた情報サイトです。

コンテンツの情報量やセミナーに参加できる点が最もおすすめのポイントと言えます。

他にも賞与や休暇、働き方などについてのアンケート等も実施しており、社会の生の声を見ることができる点でも人事労務担当者にとっては欠かせないサイトです。


システム

システムの導入を検討している担当者をターゲットにリード獲得をする際には、その目的によって提供する情報が異なります。

<ITトレンド>

https://it-trend.jp/

法人向けのIT製品の比較サイトで、人事や労務に関するツールも網羅されています。製品の特徴を一覧で確認できるため、自社にあった製品をより効率的に検討することができます。

また、気になった製品はまとめて資料を請求できるのも担当者にとっては嬉しいポイントです。


<BizHint>

https://bizhint.jp/

BizHint(ビズヒント)は、経営者・決裁者が抱える事業課題を解決する「クラウド活用と生産性向上の専門サイト」です。

企業成長のための課題解決の実例や、企業成長のためのノウハウ等の質の高い情報を発信しています。

閲覧者の内訳としても、経営意識の高い経営者や管理職の割合は高く、情報の質が高いことの裏付けとなっております。

また、BizHintに広告出稿する際に経営層に直接アプローチ出来る可能性が高い点や、掲載費用・初期費用が無料な点もポイントです。


<BOXIL>

https://boxil.jp/

BOXIL SaaS(ボクシルサース)は、勤怠管理システムや労務管理システムなど人事労務サービスを含め、様々なクラウドサービスを中心に掲載されている、法人向けサービスの口コミ・比較サイトです。

クラウドサービスを導入するにあたってサービスを知りたい場合や、自社で利用しているサービスの競合サービスを比較する場合などに非常に役立ちます。

リード獲得の目的とターゲットを明確にする

ここまで、人事担当者のリード獲得に向けて参考にしたいサイトやコンテンツをご紹介しましたが、リード獲得にはその目的とターゲットを明確にしておくことが重要です。

獲得したリードを何に活用し、最終的に購入してもらうサービスはどのようなものなのか、営業フローはどうなっているのかを把握した上で、ターゲットにしたい企業の特徴や担当者の特徴を明確にします。

リード獲得には量も質もどちらも重要ですが、獲得したリードがすぐに成約に結びつくわけではなく、また成約率や商談化率も高くはありません。

自社の営業フローや営業目標を理解した上でリード獲得の施策を検討しましょう。

まとめ

本記事では、人事担当者をターゲットとしたリード獲得に向けて有効なコンテンツを実際のサイトを例にご紹介しました。

人事担当者のリードを獲得するためには、人事担当者が日頃どのような業務を行っているか、どのような情報があると嬉しいかを理解した上で、コンテンツを提供することが重要です。

本記事でご紹介したサイトを参考に、人事担当者のリード獲得に有効なコンテンツを作成してみてください。

こんな記事も読まれています

展示会でリード獲得数を増やす6つのポイントと獲得後に意識するフォローの仕方
展示会でリード獲得数を増やす6つのポイントと獲得後に意識するフォローの仕方
リード獲得とは?効果的に行う方法・施策一覧
リード獲得とは?効果的に行う方法・施策一覧
BtoB向けリード獲得に使える手法13選!潜在層と顕在層別にご紹介
BtoB向けリード獲得に使える手法13選!潜在層と顕在層別にご紹介
リードジェネレーションとリードナーチャリングの違いは?目的やメリットについて解説
リードジェネレーションとリードナーチャリングの違いは?目的やメリットについて解説
上に戻る